トップ
 
製品情報
処理薬品仕様
       
ミニラボで使われる処理薬品の処理時間・処理温度・補充量の基本データーです。 ミニラボ機材にあらかじめ登録されている数値ですが、処理状況等により変更している場合もあります。
MFC-12 MPC-22
MFC-11  
FSJ(LR2) PSJ(TypeC2)
 
     
MFC-12 ←新タイプ
記号 処理工程 処理時間
(分:秒)
処理温度
(℃)
基本補充量
(ml/m)*
N-1 発色現像 3:15 37.8±0.3 18.0
N-2 漂白 0:50 38.0±3.0 4.55
N-3 定着 1:40 38.0±3.0 30.0
N-4 安定 1:10 38.0±3.0 36.4
乾燥 50.0〜70.0

* 135フィルム1mあたりの基本的な補充量です。
 
このページのTOPへ戻る
MFC-11
記号 処理工程 処理時間
(分:秒)
処理温度
(℃)
基本補充量
(ml/m)*
N-1 発色現像 3:15 37.8±0.3 19.1
N-2 漂白 0:50 38.0±3.0 4.55
N-3 定着 1:40 38.0±3.0 21.8
N-4 安定 1:10 38.0±3.0 27.2
乾燥 50.0〜70.0

* 135フィルム1mあたりの基本的な補充量です。
 
このページのTOPへ戻る
FSJ (LR2)
記号 処理工程 処理時間
(分:秒)
処理温度
(℃)
基本補充量
(錠/m)*
基本給水量
(ml/m)**
FSJ-1
発色現像
3:15
38.0±0.3
0.10909
16.60
FSJ-2
漂白
0:45
35.0〜41.0
0.145454
2.55
FSJ-3
定着
1:30
35.0〜41.0
0.363636
17.10
FSJ-4
TCS
1:00
30.0〜43.0
0.00909
30.00
 
乾燥
適宜
45.0〜70.0

* 135フィルム1mあたりの基本的な錠剤投入量です。
* * 135フィルム1mあたりの基本的な給水量です。
このページのTOPへ戻る
MPC-22
記号 処理工程 処理時間
(分:秒)
処理温度
(℃)
基本補充量
(ml/m2)*
P-1 発色現像 0:45 38.0±0.3 60.0
P-2 漂白定着 0:45 35.0±3.0 60.0
P-3 安定 1:30以上 35.0±3.0 250.0
乾燥 50.0〜70.0

* カラーペーパー1u あたりの基本的な補充量です。
このページのTOPへ戻る
PSJ (TypeC2)
記号 処理工程 処理時間
(分:秒)
処理温度
(℃)
基本補充量
(錠/m2*
基本給水量
(ml/m2**
PSJ-1
発色現像
0:28
38.0±0.3
0.4115
49
PSJ-2
漂白定着
0:28
35.0〜39.0
1.0288
40
PSJ-3
TCS
1:06
30.0〜39.0
0.1029
150
 
乾燥
適宜
45.0〜75.0

* カラーペーパー1m2 あたりの基本的な錠剤投入量です。
* * カラーペーパー1m2 あたりの基本的な給水量です。
 
このページのTOPへ戻る
     
 
 
   
  閉じる