品質管理
トラブル対応と留意事項
 

 

 

 

残留銀/脱銀不良
 
 
特徴 フィルムをベース面から見ると、超オーバーシーン/フィルム先端のカブリ部( いわゆる高濃度部 )において、金属の様な光沢が認められる。
 
残留銀発生の症状
矢印
  通常、処理後のフィルム内には色素だけが残りますが、処理の不具合により、処理後のフィルムに金属銀が残ったままになる事があります。高感度フィルム( ISO400、800 )で発生しやすい症状です。
この現象を 「 残留銀 」 または 「 脱銀不良 」と呼びます。
原因 漂白液の活性低下により発生します。
対処方法 良好な漂白液で再漂白処理をおこなう事で救済可能です。
 

脱銀不良のネガを救済するときの注意

発色現像液から再処理してしまうと、以下のように 色のバランスが崩れたネガになってしまいます。

脱銀不良ネガを誤って発色現像液から再処理した場合
脱銀不良のネガは、必ず漂白液(フィルム現像の2番目の薬品)以降から再処理 して下さい。
ただし、6コマにカットしたネガはミニラボでの再処理が難しいので
ラボに処理を依頼して下さい。

再発防止の為には 1.補充液が正しく補充されているか ? の点検
2.漂白タンク液の交換等を 実施して下さい。
実戦ワンポイント
 
 
 
トップ
 
 
 
 
   
閉じる