品質管理
光と色の基礎知識
 

 

 

 

色の再現
 
撮影したものがどのようなしくみで色として再現されるかレッドの光を例に順を追って説明します。
被写体からはレッドの光が出ている部分は、ネガではシアンになります。

プリンターの白色光が、ここに当たると、レッドの光はさえぎられグリーンの光とブルーの光がここを通過します。グリーンの光はペーパー上で、マゼンタ発色します。ブルーの光はペーパー上で、イエロー発色します。
色の再現
マゼンタとイエローが発色している部分は、マゼンタが白色光のグリーンを吸収、イエローが白色光のブルーの光を吸収、マゼンタもイエローも白色光のレッドの光を反射(透過)するので、その部分からレッドの光が出ているように見えます。
こうして被写体から出るレッドの光は、プリントから出るレッドの光に置き換えられるのです。


被写体から出るグリーンの光は、どのようにして、プリントから出るグリーンの光に置き換えれるか。
被写体から出るブルーの光は、どのようにしてプリントから出るブルーの光に置き換えられるか。
レッドの光をたどっていった同じ方法を確認してください。
色の再現
被写体の黒い部分は、光を出し(反射し)ません。ネガは感光せず透明になります。3つの光がネガを通過し、ペーパー上では3層(シアン・マゼンタ・イエロー)とも発色します。
3層が発色するとすべての光が吸収され、その部分は黒く見えます。

被写体の白い部分は、3つの光のすべてを出して(反射して)います。ネガは3層とも感光し、黒くなります。3つの光はネガを通過できないので、ペーパー上では3層とも発色しません。
3層が発色しないと、すべての光が反射され、その部分は白く見えます。
色の再現

シアン、マゼンタ、イエローの3つの色素で、自然界のすべての色が再現できることを、もう一度確認してください。
 
 
Back
 
 
 
トップ
 
 
 
 
   
閉じる