品質管理
光と色の基礎知識
 

 

 

 

減色法とその3原色
   
はじめに、白色光のある状態を考えてください。
白色光はさまざまな色の光の集合体です。
この白色光からさまざまな色の光を減らしたり、除去していくと、白色光は違った色の光となります。
原色法
白色光から光を減らし、新しい色の光を人間の目に見せる方法を減色法といいます。 原色法

白色光に含まれるレッド、グリーン、ブルー、の光の量を変えて組み合わせても、人間の目にすべての色を見せることができます。

レッド、グリーン、ブルーの光を減らしたり、除去できる色を、減色法の3原色といいます。前ページに出てきたシアン、マゼンタ、イエローです。

シアン・マゼンタ・イエロー

シアンはレッドの光を減らしたり、除去できます。
マゼンタはグリーンの光を減らしたり、除去できます。
イエローはブルーの光を減らしたり、除去できます。

シアン、マゼンタ、イエローは、それぞれ1つの光を除去するだけでなく、残りの2つの光を透過(反射)する性質があります。

フィルター説明図

これからの関係は次のようなカラートライアングルで表すことができます。
加色法の原色、レッド・グリーン・ブルーが三角形の頂点になります。減色法の原色、シアン、マゼンタ、イエローは、三角形の辺のところにあります。このどれでもとなりあった角の2つの色を合わせると、中央の色になります。
トライアングル
私たちが日常的に出会う色は、ほとんどの場合が減色法によるものです。ペンキ、絵の具、印刷のインキ、服地の顔料などもすべて、白色光の中のレッド、グリーン、ブルーをさまざまなバランスに変えて、その色を見せているのです。 ミッキーとミニー

カラー写真も減色法を利用しています。カラー写真はシアン、マゼンタ、イエローの3つの色素で、自然界のすべての色を再現します。
 
 
 
 
 
トップ
 
 
 
 
   
閉じる