品質管理
光と色の基礎知識
 

 

 

 

加色法とその3原色
   

はじめに、光のない状態を考えてください。
暗い空間で、ある色の光をつくり出します。もう一つ、別の色の光をつくり出します。異なる色の光を組み合わせて、新しい色の光として人間の目に見せる方法を加色法といいます。


人間の目は、すべての色を、たった3つの色の光の組み合わせとして知覚すると考えられています。
加色法画像


その3つの色の光とは、レッド、グリーン、ブルーです。
これらの光の色を加色法の3原色といいます。

レッド・グリーン・ブルー

加色法でいくつかの色をつくってみましょう。
それぞれの光は同じ量とします。



グリーンとブルーの光を組み合わせると、青みがかったブルーの光が見えます。この光の色をシアンといいます。

 

レッドとブルーの光を組み合わせると、ピンクのような光が見えます。この光の色をマゼンタといいます。


レッドとグリーンの光を組み合わせると、イエローの光が見えます。この光はそのままイエローといいます。

 

加色法
(注意) いずれの組み合わせも不思議な色ができたと思いませんか、これは光と光を直接加えたものだからです。
グリーンの絵の具とレッドの絵の具を加えても、イエローはできません。加色法は、光と光を直接に加えるものであることをよく覚えておいてください。
3つの光を組み合わせた部分は、白い光が見えます。 加色法
レッド、グリーン、ブルーの光の量を変えて組み合わせると、人間の目にさまざまな色を見せることができます。
 
加色法は、カラープリンターや高度な写真技法に使われることがあります。もっと身近な例では、テレビの画像を作り出す方法として使われています。 テレビ画像
 
 
 
 
 
トップ
 
 
 
 
   
閉じる