品質管理
トラブル対応と留意事項
ケミカルフィルターの点検・交換
ケミカルフィルターのはたらき
処理薬液タンクとサブタンクとの間で循環する処理薬液をろ過します。
ケミカルフィルターが汚れるとどうなる?
  • プリントの仕上がりに影響(ゴミの付着など)
  • 液の循環が悪くなり、処理薬液の温度異常が起こる
  • 液に影響が出る前に、定期的に点検および交換をしましょう!!

    点検・交換の目安… 毎週点検し、おおよそ2週間に1度交換するのが理想的です。
    ただし処理量の違いによって大きく異なります。

     

    フィルムプロセサー

    プロセサー内に処理中のフィルムが残ってないか確認してから 電源をOFFにします。

     

    プロセサー上部カバーを開けます。

     

     

     

     

    サブタンク上部カバーを外します。

    ケミカルフィルターを反時計方向に回し、静かに取り外します。

    ケミカルフィルターの汚れを点検し、汚れが目立つ場合は
    ケミカルフィルターパイプからケミカルフィルターを引き抜いて外し、
    ケミカルフィルターを交換します。

    新しいケミカルフィルターに付いている粉を洗い流してから、ケミカルフィルター を
    ケミカルフィルターパイプに差し込んで取り付けます。

    交換の際、
    フィルターパイプも洗浄して下さい。


    ケミカルフィルターパイプをフィルターパイプの凸部をサブタンクの切り欠きに合わせて
    ゆっくり挿入し、サブタンクに取り付けます。

    取り付けが完了したらサブタンク上部カバーを取り付けて
    プロセサー上部カバーを閉め、電源をONにします。

    プリンター・ペーパープロセサー

    電源をOFFにしてプロセサー上部カバーを少し開けた状態にします。 

    処理中のペーパーがないことを確認します。
    ブレーカーをOFFにします。
    フィルター交換作業が長時間かかる場合は、
    ペーパーを巻き戻し
    ペーパーマガジンを取り外します。

    機種ごとの電源ランプ位置例

    プロセサー上部カバーをゆっくり開けます。

    サブタンク上部カバーを持ち上げて取り外します。

    フィルターパイプを左方向に止まるところまで回して抜き取り、
    ケミカルフィルターの汚れ具合を確認します。
    汚れがひどい時はケミカルフィルターを交換します。

    新しいケミカルフィルターを軽く水洗いし、フィルターパイプに取り付けます。

    ストッパーを取り付けてケミカルフィルターを固定します。

    フィルターパイプをサブタンクに取り付けます。

    フィルターパイプの凸部をサブタンクの切り欠きに合わせてゆっくり挿入し、
    フィルターパイプの先端をサブタンク奥の穴へ差し込みます。
    そして、右方向に止まる所まで回してフィルターパイプを固定します。

     

     

    サブタンク上部カバーを元どおりに取り付けます。

    プロセサー上部カバーを閉め、電源を再びONにします。

    機種によってはブレーカーONにした後
    パワースイッチを押します。
    (詳しくはノーリツ鋼機(株)様の
    マニュアルをご参照下さい)

    この件に関するご質問は弊社技術
    サポートチーム(075−955−8552 )までお問い合わせ下さい。 

     
    トップ
     
       
    閉じる